脳の情報伝達機能をアップ|アルツハイマーを予防する方法

目の酷使やストレスが原因

眼精疲労

パソコン仕事などで目を酷使した結果充血や頭痛肩こりなどの眼精疲労を起こします。長時間目を使ったらリラックスして目を休めることが大切です。特別な目の病気ではない眼精疲労を漢方では老化現象ととらえ体質改善することに主眼を置きます。

もっと見る

天然の抗生物質とは

蜂蜜

プロポリスは蜂が作る物質で巣を腐敗や劣化から守る働きがあります。抗菌、殺菌、抗ウィルス作用が強く天然の抗生物質と呼ばれています。様々な効果があり特に原液で用いると効果的です。水や牛乳、ジュースなどで割ると飲みやすくなります。

もっと見る

二日酔いに効果てきめん

女性

オルニチンは二日酔いに効果的とされていますが、二日酔いの際に摂取する他のものとは違い、オルニチンはアンモニアを除去する働きによって二日酔いの改善をしてくれるのです。肝臓の働きを整える場合とダイエットが目的の場合で摂取量は異なりますが、始めはあまり一気に摂取しないようにしましょう。

もっと見る

脳を活性化させるDHA

男女

サプリメントが良い

欧米人にアルツハイマーが多いのは、魚を食べる機会が少なく、肉食が中心だからと言われている。研究では青魚から取れるDHAに、アルツハイマーを防ぐ効果があると分かっている。DHAを摂るために毎日魚料理では飽きてしまうので、サプリメントを利用すると良い。与えることにより、脳が活性化されて情報伝達機能と学習能力が備わるという。集中力もアップするので、試験の前にも良い効果が期待できる。会議の前に飲めば良い案がひらめき、仕事にやりがいを感じるようになるという。DHAの脂質は良質で血液もさらさらになる。血のめぐりが良くなることは、血液ドロドロも免れるので血栓が詰まる心配もない。生命に関わる病気の予防になるとも言われている。

理解が必要となる

「アルツハイマー」は、進行してしまうと完治させることがむずかしい病である。完全に治すことは不可能であるが、それ以上ひどくさせないこと、遅らせることはできる。「DHAのサプリメント」を飲み続ければ、アルツハイマーの症状が良い方向に向かうという。サプリメントのパワーを最大にいかすなら、きちんとした「リハビリ」も必要となる。毎日脳のトレーニングをすること、体を動かすことで改善されたという声もあるという。症状を良くさせるために本人が努力することはもちろんだが、まわりもサポートしなければならない。あたたかい心でやさしく接すること、アルツハイマーを理解することで、この病にかかっている人を支えることができる。

Copyright © 2016 脳の情報伝達機能をアップ|アルツハイマーを予防する方法 All Rights Reserved.