脳の情報伝達機能をアップ|アルツハイマーを予防する方法

二日酔いに効果てきめん

女性

オルニチンの効能として最も有名なのは二日酔いに対する効果です。しかし、オルニチンの二日酔いに対する働きかけは、他の二日酔い解消の物とは違う独自のメカニズムで出来ています。まず、一般的な二日酔い解消のドリンクなどは、体内に残留したアルコールの除去を促進させることによって二日酔いを解消させます。一方オルニチンは、効能の一つであるアンモニアを除去する働きによって結果的に二日酔いに効果があるのです。アンモニアは体内にとって毒素なので、大量に残留していると体調に悪影響を引き起こしますが、そんな体内に残留したアンモニアをオルニチンは分解してくれ、無毒の尿素を増加させてくれるのです。また他の栄養素を併用することで、二日酔いにより効果を発揮してくれます。

オルニチンは様々な効果があるとされていますが、その効果をより高めるためにはどのような工夫をすればよいのでしょう。オルニチンはその摂取する目的によって必要な摂取量が変わってきます。肝臓の働きを整える目的であれば一日1グラムから1.5グラム、ダイエットが目的であれば一日に2グラムから3グラムが理想的です。ただし、一気にこの量を摂取すると悪影響を引き起こす恐れがあるので、まずは500ミリグラムくらいから始め、問題が無ければ徐々に増やすようにしましょう。摂取するのは食前でも食後でも構わないのですが、あまりに空腹な時に摂取すると胃が痛くなったという報告もされているので、出来るだけ食後に摂取するようにしましょう。

Copyright © 2016 脳の情報伝達機能をアップ|アルツハイマーを予防する方法 All Rights Reserved.