脳の情報伝達機能をアップ|アルツハイマーを予防する方法

目の酷使やストレスが原因

眼精疲労

リラックスして目を休める

仕事で長時間パソコンの画面を見続けるなど、現代人は目を酷使しています。その結果目が乾く、充血する、目がかすむ、また肩こりや頭痛を引き起こすこともあります。これらのどれか、またはいくつかを自覚すれば眼精疲労です。原因は目の使い過ぎだけではなく乱視や遠視、斜視、角・結膜炎などの目の病気、更年期障害や老眼、不適切な照明、精神的なストレスなどもあります。長時間目を使って、まぶたが重い、目がショボショボするなどの症状が現れたら、しばらくの間リラックスして目を休めることが大切です。重い眼精疲労にはビタミンや鎮痛剤を含む点眼薬を利用しましょう。乱視や遠視、老眼がある場合はコンタクトレンズやメガネで矯正が必要です。また、目の疲労回復に良いサプリを飲むのも効果的です。

漢方薬で治す

特別な目の病気ではない眼精疲労を、漢方では老化現象ととらえ、体質改善をすることに主眼を置いています。老人性白内障や老眼による眼精疲労は、老化の進行を抑える治療をします。また視神経に作用してその機能を活性化させることも行われます。眼精疲労の治療でよく使用される漢方薬に、六味丸があります。足や腰の脱力感、しびれの他排尿困難、頻尿、むくみの改善などに効果を発揮し、足のほてりや体力低下による眼精疲労の回復を促します。また苓桂朮甘湯という漢方薬は、神経質、ノイローゼ、息切れ、頭痛などストレス性の症状がある場合に用いられ、めまいにも有効です。目の神経を休めてリラックスさせてストレスを取り除く効果があります。

Copyright © 2016 脳の情報伝達機能をアップ|アルツハイマーを予防する方法 All Rights Reserved.